読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cocoro diary

悩みがあっても大丈夫!

人間関係のよくあるパターンとは

人間関係で悩む人によく見られるパターンとして、相手と性格が大きく異なっているということがあります。

Aさんはおとなしくて従順なタイプだけれど、Bさんはわがままで支配的なタイプ、というのは極端な例ですが、実際よくあるパターンです。


この場合は、最初はお互いの凸凹がうまく作用して、プラスの面で上手く付き合えるのですが、関係が長く深くなるにつれ、そのマイナス面も出やすくなります。

最初は、AさんがBさんの傍若無人な振る舞いにだんだんストレスを感じるようになり、密かに怒りや不満が溜まっていきます。

Bさんは、Aさんが大人しく自分に従ってくれるかぎり、わがままに拍車がかかっていきます。

しかし、お互いのバランスが徐々に崩れ、ある時AさんはBさんの元を去ってしまいます。

その時になって、Bさんは初めてAさんが不満を抱えていたことを知り、困惑します。


でも時すでに遅し、Bさんがどんなに懇願しても、Aさんは戻ってきません。


こうしたパターンは、親子、夫婦、恋人、友人関係を問わず、とてもよくあるものです。

では、どうすればこうした性格の違いを乗り越え、うまくやっていけるのでしょうか?


もしBさんの立場なら、そのためにはAさんのことを理解することが大切です。

自分の立場や目線から相手を見て「ここはちがう」と思うだけでなく、相手の性格を知り、相手の立場や目線から自分を見るようにするとよいでしょう。

「もし、私が同じことを言われたら、どう思うだろう?」と、相手の立場や気持ちに立って想像することは、相手を理解し、関係を改善するための手助けになります。

そうすることで、無意識の自分の振る舞いについて見直すきっかけにもなるでしょう。


また、Aさんの立場なら、Bさんに伝わりやすいように自分の気持ちを伝えることもひとつです。

勇気を出して、相手と向き合うための一歩を踏み出すことで、大切な人を失わずに済むかもしれません。

これは、AさんBさんのどちらにとっても簡単な作業ではありませんが、自分とは異なる性質を持つ相手を理解し、受け入れ、共にバランスをとりながら関係を保っていくのは、生きていく上で大切なことです。


自分一人ではどうすればよいかわからない、相手の性格や思いが掴めないという場合は、専門家に相談をしてみるのもよいでしょう。

心理カウンセリングや占いなら、複雑な人間関係に一筋の光を当ててくれるでしょう。

じっくりと考えていきたい時は心理カウンセリング、短時間でおおよそのイメージを掴みたい時は占いを利用するのも良いでしょう。

最近では、心理カウンセリングや愚痴聞きも兼ねた電話占いが人気なので、信頼できそうな先生を探してみるのもひとつではないでしょうか。

電話占い・メール鑑定の人気サイト/ランキングと口コミ