読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cocoro diary

悩みがあっても大丈夫!

生理的なアレルギー

先日、男性に対してアレルギーを起こしてしまう、という方の悩みを聴くことがありました。

女性に対しては感じないそうですが、男性の特に身体的なものに「気持ち悪い」と感じてしまうそうです。

いってみれば、生理的嫌悪感ですね。


どちらかというと、潔癖症な傾向のある方でしたが、普通に恋愛や結婚願望はあるとのこと。

でも、実際に男性を目の当たりにすると、どうしても気持ち悪くて、男性の体に触れるなどもってのほかなのだそうです。

これは、本人にとっても悩みが深いといえるでしょう。

異性とのふれあいは、恋愛や結婚、まして出産を望んだり、末長く関係を続けていくには避けられないこと。

同性よりも異性の方が、接触する度合が高いのは当たりまえです。

プラトニックな恋愛というのもありますが、それではなかなか現実的に生活を共にしたり、お互いの家族に紹介しあい、家庭を設けるということにはなりにくい気がします。

その方も、もうアラサーとのことで、これまでに異性との交際をした経験もなく、困っているようでした。

また、相談された方も返答に困ってしまいますね。

もし、「私はどうしても牛乳にアレルギーを起こしてしまいます。どうしたら牛乳が飲めるようになりますか?」という位、そこには無理があるように思います。

かといって、「あなたは生理的、身体的な男性アレルギーですから、今後一切男性を避けて生きていってください」とは言い難いもの。


これが、もし心理的なものであれば、心理療法などでその原因にアプローチし、少しずつ改善していくことも可能かもしれません。

しかし、生理的な嫌悪感はそれよりももっと本能的な反応なので、改善するのは長い道のりがかかりそうです。

何か良い方法があるといいですね。